スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2

このエントリーをはてなブックマークに追加


各タグの記事

loading...

2015年 05月 31日

御歳73歳 谷口武彦の走り

みなさんこの選手をご存知でしょうか。

谷口武彦、73歳。
今現在、公営競技の中で最高齢での勝利記録をもつ選手です。

ビッグレースでの活躍は記憶にないですが、しかしビッグレースで勝ち上がるS級選手と肩を並べるくらい知名度のある選手。
それはこの歳での勝利に、その保ち続けられるモチベーションに尊敬を感じるからでしょう。



2012年当時の走り



この選手は、前線で良いスタートを切り、抜かれないコースを走り力強いエンジンパワーを活かして勝つ。
内側を走る為、スピード不足で抜かれることが多いですが技巧戦になると光ります。




谷口選手は4期生でデビューは1966年。今から49年も前です。

生まれ:1941年
所属:浜松
クラス:平均してB級(下位ランク)
体型:小柄で小太り
1着回数:624回
記録:公営競技初の70歳レース出走&初の70歳での1着。数回に渡り、最年長1着記録をみずから更新。現在73歳として記録更新中(2015年5月現在)。




これは来ないだろう。
レースの駒として諦めた時、そんなパワーがあったのかと、驚くくらい力強すぎる熱のこもった走りで先頭を死守する選手でもあります。
これはレースを観たみなさんも思ったことでしょう。


そんな谷口選手もおじいちゃんとして知られています。
当然孫もおり、見た目もよくいるサングラスをかけた老年のじいじ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 



長年気持ちは落ちず、レースを続ける姿に、働いている人は継続の力と衰えないエネルギーを感じてしまいますね。
これが、50歳も離れた20代とも並んで走り続けているのですから尚更若々しい。


実はオートレース界には50代以降の選手がかなり多いです。往年の選手たちですね。
70歳以上の選手もまだ他のレース場にいます。その中で長老選手が谷口選手というわけですね。


オートレースが盛り上がっていた時から何十年経ち、その時代から見続けているファン層は高齢の人が多くを占めます。
穴レーサーの谷口選手は、そこへ希望と活気を与えているのかもしれません。

スポンサーサイト


web拍手 by FC2

このエントリーをはてなブックマークに追加


各タグの記事

loading...

2015年 05月 21日

訃報・レーサー片平巧

2015年5月20日。
船橋所属の現役レーサー、片平巧選手が亡くなられました。享年49歳。


あまりの驚きと悲しみの事実に、私自身もレースを振り返ることがまだできません。
しかし最もオートレースファンに強い記憶を刻み残したのは、この選手。
その記憶から、追悼として、オート界が生んだ“天才レーサー”の軌跡を書いていこうと思います。




【片平 巧】

19期 (同期は山陽の岡部聡 等)
デビュー:1985年
通算勝利数:1,137回
通算優勝回数:80回

グレードレース:
SG優勝回数 15回
・日本選手権(90、93、94年)
・オールスター(95、96年)
・スーパースター(95、96、97、98、01年)
・オートレースグランプリ(98、00年)
・全日本選抜(96、01年)
・東西チャンピオンカップ(97年)
GⅠ優勝回数 16回
GⅡ優勝回数 14回

快挙:1990年SG日本選手権で完全優勝。1996年、SG3連覇&オールスターオート連覇(史上初)。1996年、SG3冠達成。2001年、2度目のSG3連覇(史上最多のSG15冠)。 1997年、SG史上初、単独最重ハンデからの優勝。
1998年に史上初のSG6冠グランドスラム達成。3度の最優秀選手賞。 2009年、史上18人目の1,000勝達成。





こうして並べるのは、輝かしすぎる実績。快挙を述べるときりがなく出てきます。
片平選手は、1990年代から2000年代初頭にかけて最高のパフォーマンスを維持しました。


私が初めてレース場で見た片平選手は、2001年。山陽オートレース場で外来選手として斡旋されていた時でした。
登場からまるで他選手と違う乗る姿勢。もちろん車券は片平選手を購入します。
レースが始まると4周回、レースが決まるような周回まで最後方で走っています。しかし残り2周で一気にスルスルと抜いてきて1着。



2001年全日本選抜優勝戦より



後から知りましたが、これがこの頃の“計算走り”と呼ばれた片平選手独特の走りでした。
元々、片平選手はコーナーの走りに特徴があり“高速イン走法”と呼ばれた通り内線に迫る突っ込みでもスピードの落ちない走りで、人を捌いていく名人です。
それ故に、周回を使い切って先頭に抜け出す画がいつも頭で描けていたのでしょう。


旧車名“キブロワイト”にあるように、アメリカのダートレースを学びオートを極めようとした片平選手。(キブロワイトは当時の師のネーム)
業界のエンジンの移り変わりとともに一気に実力が抜き出て、最強船橋の天才レーサーとして他を寄せ付けませんでした。



1997年スーパースター王座決定戦より



オートレースの醍醐味である、強い選手が最後方から抜いてくる。これをいつも7台全車抜きという形で魅了し続けました。



そして近年は全盛期を過ぎ、グレードレースへの優出も見られなくなります。
が、ほとんどが先頭に立って飛ばし続けるスピード戦になってしまった昨今、天才的な走行技術が見られるのはこの選手だけでした。




2012年日本選手権予選より




オートレースの選手は60、70歳を超えてもまだまだ現役の選手が多いです。
ただ走るだけでなく1コーナーでも、見応え十分なコーナーワークが魅せられる片平選手は人気も落ちないまま続けられたでしょう。しかし私個人としては、長くは続けて欲しくないと思いました。今は速い選手が勝つ時代、芸術のようなあの走りが勝っていた時代を記憶に留めていたいからです。


船橋では坂井宏未が2012年に殉職し、本当に残念ですが片平選手も見られなくなってしまいました。

いままでの興奮感動の時をありがとう。
最初で最後かもしれない、オーバルを極めた“天才レーサー”片平巧に、合掌。



Yahoo!ニュース記事⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150525-00000046-dal-spo
片平巧に関連した記事⇒2012/11/062012/11/01
坂井宏未の記事⇒女子だからではない


web拍手 by FC2

このエントリーをはてなブックマークに追加


各タグの記事

loading...

2013年 01月 15日

女子だからではない

44年ぶりの女子オートレーサー誕生。

今活躍する唯一の女子レーサー、佐藤摩弥選手と同時にデビューした選手。

ご存知でしょうか、覚えていますでしょうか。


2011年7月30日⇒デビュー戦



新人は最前線で目いっぱいの逃げ。
大きいリードを活かすのだが。


遅い。

かなり遅い、新人とはいっても、かなり。








バイク素人とはいえど…







不器用であることはわかる、ハンディが大きいこともわかった。







おお!?





!!!!!!!!

良かった、勝った。。。。


女子はどうみても不利、という見方で観ていたが。
そうではない、明らかに何か違う目線で見入ってしまった。


師匠はオート界最高クラスのレーサー、同時デビューの女子選手はバイクで育ったセミプロ。 同期をみると過去最も速い新人達が、先輩レーサーを相手に対等に走り。
これは越える山は大きく、越えられる可能性も僅かに感じた。


こうなったらどこまで成長するか、とことんみてみる気になった。


2012年1月15日⇒速報



思いもしなかった事が起き。
最も気になっていたレーサーがいなくなり。



今、オートレース32期のデビューは今年の夏に控えています。
今回は女子選手がかなり増えるよう。

どこまでやってくれるか、注目は集まるのか。



客は様々な思いを選手に乗せてレースを観ます。
視線を集めるレースでの1着は大きく。


44年ぶりの女子レーサーは特別な1勝をあげていたようです。



web拍手 by FC2

このエントリーをはてなブックマークに追加


各タグの記事

loading...

2013年 01月 09日

女子レーサーによる…

オートレースのオフィシャルより動画が公開されているので紹介。


オート、競輪、競艇、競馬。
各公営競技の女子レーサーが集まりおしゃべり、という企画ですが。


なかなか見ない企画でもありますね。
実にガールズトーク、、、と言っておきます。


これは見なければ!という人はぜひ。







佐藤摩弥  1992年5月16日生 20歳  オートレース

別府真衣  1987年12月8日生 24歳  地方競馬

田中麻衣美 1982年8月11日生 30歳  ガールズケイリン

守屋美穂  1989年1月20日生 23歳  ボートレース



















佐藤選手、こなれたトーク、さすがです。

守屋選手、間が好きです。


ボートは女子がバリバリやっているというイメージですが、競輪競馬は認知度が低いかもしれませんねぇ。


こういった企画、もう一度…は、

うん。人によりけりです(^з^)

web拍手 by FC2

このエントリーをはてなブックマークに追加


各タグの記事

loading...

2012年 09月 04日

続 メリッサ・クニヨシ

ブラジルで日本の歌を歌う少女ということで前回このブログで取り上げましたが=こちら

日本に来日し、イベントなどに出演していました。
その模様などを映像でお伝えしたいと思います。

いや~感動する歌声です。




メリッサを扱っている番組「フジテレビに出たい人TV」

主に素人が出演して歌を披露するイベント、o-nation。番組内での企画ですが、なにか大手レコード会社のライブイベントに似た名前ですね(^。^)

7月に来日、イベントは7月26日におこなわれています。
その模様がこちら↓





続き(後半あたり)↓






最後↓






いいですね~、何度も聞きたくなる歌唱力です。ついに日本に来て聞けることができましたね。

そしてこの後、おじいちゃんおばあちゃんのいる沖縄へ会いにいったみたいです。
初めての沖縄でおじい、おばあと再会。そして涙そうそうを歌います、感動…

その模様⇒9/3フジテレビに出たい人TV
(これはFC2動画です、混雑時は制限されて見られない時がありますので注意)



日本語のわからない少女が日本の歌を唄いここまで気持ちがもっていかれるのはなんなのかと自分自身考えたりしてしまいます。。

最後に優れた歌唱力がよく表れているこの1曲で。
何度も聞いてしまいますね(^・^)

手紙~拝啓 十五の君へ~



web拍手 by FC2

このエントリーをはてなブックマークに追加


各タグの記事

loading...
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。